いつまでも、残るものに

写真は、いつか古くなってしまいます。ですから、無限のものではありません。ハードディスクやDVDに残されたデータは、本来はいつまでも保存出来るものであると考えることでしょう。空気によって劣化することもありませんし、誰かによって盗み出されるリスクもきちんと前提で考えている状況です。やはりそれは、年月によって失われる可能性があるものであり、なんらかのはずみで全てが消えてしまうこともあります。

しかし、『記憶』や『感情』はそれらよりもずっと、私達が思い出しやすいものとなります。人間は必要の無い情報をどんどん捨てています。いわば、荷物入れに入れられずに放置されたもの、と言えるかもしれません。しかし、強力な記憶として結びつけられたものは、いつまでも残ることになります。思い出してみると、その時の情景が事細かに浮かんでくるような、そんな瞬間となるのが理想かもしれません。

そこで、記憶媒体に埋められてしまわないような、それを記憶や感情として残しておけるような方法となりやすいのが、海外挙式と言えるかもしれません。結婚式が特別な瞬間だからこそ、それを行う場所、挙式上に関しても、このように工夫することにより、結婚式をより良いイベントにできます。